TKA(CR)後の歩行の特徴(歩行速度と床反力)

スポンサーリンク

 

 

おはようございます。

TKA Labです。

 

 

人工膝関節置換術(TKA)は、

末期のOA患者の生活の質(QOL)を変えます。

 

しかし、

約25%の方が術後の生活に満足していないと報告されています。

 

約25%の方が術後の生活に満足していないことは、

最新の技術で最新のデザインの人工膝関節を作っても

解決しないと言われています。

 

 

 

いったい、

TKA後に満足していない方は何に満足していないのでしょうか。

 

 

歩行?階段動作?膝の可動域?

 

 

 

今回は、

歩行に着目し、

人工膝関節単顆置換術(UKA)とTKA、正常膝の歩行速度を比較した報告です。

 

 

 

対象は、

正常な121膝(正常群)、

後十字靭帯温存型TKA(CR)が12膝(CR群)、

mobile型のUKAが12膝(UKA群)です。

 

TKAとUKAは、

最低術後1年以上経過している膝を対象としました。

(TKA群とUKA群は、年齢・BMI・関節の変形の程度が両群において差が生じないように設定)

 

 

 

歩行動作の測定は、

床半力が設置されているトレッドミル上で

歩行速度が最大となるまで歩行し、

最大歩行速度と床半力の鉛直方向の力を計測しました。

 

 

 

 

では、結果です。

 

 

 

 

最高歩行速度は、

CR、UKA、正常群と比較すると

有意にCR群の最大歩行速度が低下していました。

(CR群:1.6m/s、UKA群:2.2m/s、正常群:2.2m/s)

 

 

また、

床半力の鉛直方向の力の経時的変化では、

UKA群が正常群に近く、

CR群の最初の鉛直方向の力のピークが遅延する傾向でした。

 

 

CR群とUKA群の歩行速度の差ですが、

CR群はACLが切除されています。

一方、UKA群においては、ACLが温存されています。

CR群ではACLが温存されないため、

立脚期における前後方向の安定性を維持することができず

歩行速度に影響が生じたのではないでしょうか。

 

 

 

また、

床反力計の鉛直方向の力に関しては、

通常、

立脚期における床反力の鉛直方向の力は二峰性を示します。

しかし、

TKAの歩行では、

最初の峰が正常膝の歩行と比較して遅いと言われています。

今回の結果においても、

UKA群や正常群と比較してTKA群では最初の峰が遅く生じました。

 

 

 

CR群の歩行速度や床反力の鉛直方向の力が

正常群と異なるという結果をみると

CR群は歩行に関して不満を感じてもおかしくありません。

 

では、何が原因なのでしょうか。。。。

 

 

一つは、ACLが考えられます。

 

 

ACLは先ほども書きましたが、

膝関節の前後方向の安定性に寄与します。

しかし、CRではACLを切除します。

 

TKA(CR)後には膝関節の機能が正常膝に近くなる(TKA≒正常膝)と思いがちですが、

ACLを切除するため、

TKA(CR)≒ACL損傷膝(ACL不全膝)

と考えます。

そのため、

従来の大腿四頭筋の筋力増強運動だけを行うのではなく、

ACL 損傷膝へのアプローチと同等な治療プログラムを検討していく必要があります。

 

ACL損傷膝として考え、

リハビリを行なった場合の歩行速度、床半力データ等

どのように変化し、患者満足度はどのように変わるのか。。。

また報告したいと思います。

 

 

本日は以上です。

 

 

 

合わせて読んでおきたい記事:  実生活に促した歩行テストとして8の字歩行テストはいかが?
スポンサーリンク

関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

TKA Lab e-ラーニング

TKAに関わる理学療法士から好評いただいているTKA Lab e-ラーニングはこちら。↓クリック

広告

ページ上部へ戻る