原疾患と術前の拘縮は人工膝関節置換術後のROMに影響を及ぼす?

スポンサーリンク

 

こんばんは。

TKA Labです。

 

今回も
TKA Labサロンの活動『世界のTKAを知ろう!』

からお送りします。

 

今回までで、

サロンに参加されてる方は、英語文献を4本読んだことになります。

日本の論文を1本/月読むこともない中、

4ヶ月連続で毎月1本読まれていることはすごいことだと思います。

しかも雑誌に掲載されて2年以内の内容!

サロンに参加されている方は、

ぜひ、継続していってください。

ちょっとでも興味がある方は、

ぜひ1回サロンに参加して、トライしてみてください。

少しでも「英語読もうかな。。。」

と、

思った時が読み時です^^

一人で読むより誰かと読んだ方が「読まなきゃ!」

ってなりますので^^

 

 

では、

今回のお話です。

 

一般に術前の関節可動域(ROM)は術後のROMに影響を及ぼすと言われています。

そのため、

術前に拘縮の強い患者は、

術後のROMがあまり改善されないと予測できます。

 

ただ、

術前のROM制限が大きいということは、

術後に改善する余地が多くあるという考え方もできます。

したがって、

術前に拘縮が重度な症例の術後ROM、

特にROM増加の程度はどのようになっているのでしょうか。

 

合わせて読んでおきたい記事:  人工膝関節置換術の術前のリハビリの効果は?

また、

ROM制限の原因はいくつかありますが、

変形性膝関節症(OA)による機械的な負荷による制限因子は

手術によって改善されます。

しかし、

過去に感染または外傷があり、

それによって引き起こされた軟部組織を含む癒着は、

修復することが難しいと言われています。

 

 

今回は、

TKA後のROMの改善および

原疾患によるROM改善の違いについてのお話です。

 

 

 

 

対象は人工膝関節置換術を行った122名です。

(男性29膝女性93膝、平均年齢64.3歳、平均BMIは27.1)

 

「拘縮」の定義は90度以下とし、

平均の術前ROMは78度(25-90)でした。

 

 

ROM 制限の理由は、

OAが80膝(66%)、

RAが12膝(10%)、

感染性関節炎が25膝(20%)、

外傷性関節炎が5膝(4%)

でした。

 

 

術後のリハビリのプロトコルは

CPMは術後2日目まで、

大腿四頭筋エクササイズを積極的に行いました。

歩行器歩行は術後2日目に許可し、

入院中は毎日20minのリハビリを行いました。

自主トレーニングとしてアイシング、

腫脹のコントロール、

歩行、

ROMの指導を行いました。

 

 

術前、術後6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月にROMを測定し、

術前ROM50度以下を重度拘縮群

術前ROM50-90度を軽度拘縮群としました。

 

 

合わせて読んでおきたい記事:  人工膝関節置換術後の入院期間に対するリハビリの効果

 

結果です。

 

重度拘縮群は術後33%が拘縮を再発(屈曲ROMが90度以下)し、

軽度拘縮群は1%でした。

重度拘縮群の合併症は33%に見られ、

軽度拘縮群は13%でした。

 

重度拘縮群は軽度拘縮群よりROM増加量が優れていましたが、

最終的な屈曲角度は軽度拘縮群が有意に改善していました。

 

術前外傷や感染性関節炎の症例と比較すると

OAとRAは術後のROMが良好な成績でした。

OAとRAの平均ROMは110度であり、

外傷と感性性関節炎の症例は13%しか110度に達成しませんでした。

 

したがって、

術前のROMと可動域制限となった疾患は、

術後のROMに有意に影響を及ぼすことが判明しました。

 

 

 

 

今回の結果から、

術前屈曲角度が50度に満たない症例や

術前に外傷を経験している症例、

感染性関節炎の症例を担当する際には、

術後ROMの改善が乏しくなることを考慮しながら

リハビリを進めていく必要があります。

 

 

また、

術前屈曲角度が50度に満たない症例を担当する際には、

感染症などの合併症が起きやすいことを考慮する必要があります。

 

術後に感染症が生じると、

リハビリの遅延や安静期間の長期化によりさらにROMが改善しにくくなるため、

通常のリハビリプログラム以外に、

感染が生じた際のリハビリプログラムを

バックアップとして用意しておくことも大事だと思います。

 

 

 

今回の結果から、

外傷の既往や感染性関節炎の症例に対しては、

予測できるROMを医師と確認し、

術後に十分なROMの獲得を望めないことを

きちんと患者に説明することも

Informed consentの一つだと考えられます。

 

 

本日は以上です。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

TKA Lab サロン

TKA Lab会員制サイトです。

TKA後のリハビリに

もっと関心のある方は是非ご入会を。

↓画像をクリックするとTKA Labサロンの紹介ページに移ります。

 

広告

ページ上部へ戻る