人工膝関節置換術後の理学療法(中級コース)〜エビデンスに基づいたTKA後患者の運動療法〜

スポンサーリンク

 

おはようございます。勉強会のご案内です。

今回は、Nightセミナーシリーズの中級コースのご案内です。

 

TKA Labセミナー
人工膝関節置換術後の理学療法(中級コース)〜エビデンスに基づいた人工膝関節置換術後患者の運動療法〜

【日程等】
開催日時:2018年10月18日(木) 19:30~21:00(19:15受付開始)
場所:大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA) 講義室504
アクセス:(新大阪駅より徒歩5分)
主催:TKA Lab
参加費:3000円(資料代含む)
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。

 

【講師】栗田整形外科 伊能 良紀先生
※膝の解剖から代表的な疾患・運動療法などが記載された「よくわかる膝関節の動きと仕組み」を執筆

 

【セミナー内容】
人工膝関節置換術後患者の理学療法を行う際に、
「パス通りにやればいいか。。。」
「治療プログラムの立案はできたけどこれでいいのかな。。。」
「人工膝関節置換術後の理学療法をもう少し知りたい」
と思っている方を対象に

今回は、
『人工膝関節置換術後の理学療法〜初級コース:人工膝関節置換術後患者の見方』
と題し、
術前の膝の状態から術後のアプローチをどのように考えるか、
人工膝関節置換術による筋や疼痛への影響、
関節可動域制限の原因についてどのように考えるか、
最適な運動負荷をどのように設定するか等をお伝えする限定15名での少人数セミナーを開催致します。
人工膝関節置換術後の理学療法のポイントを、
最新の海外論文を中心にエビデンスに基づいてにお伝えいたします。

 

【プログラム】
1.人工膝関節置換術前に起きていること
術前の膝関節の関節可動域、筋力、疼痛をどのように捉えるか
2.人工膝関節置換術後に起きること
手術による筋力、疼痛への影響を知ろう!
3.運動療法の選択
1)筋力増強運動の選択
大腿四頭筋のどれを鍛えるのか
2)関節可動域制限に対して
何が制限因子なのか制限因子に対してのアプローチ
3)運動療法に対する最適な負荷

(プログラムは変更の可能性があります。)

 

【必要物品】
 筆記用具

 

 

 

以上です。

お申し込みはこちらからお願いいたします。

【お知らせ】
・1dayコース:人工膝関節置換術後の理学療法〜TKAの手術とエビデンスに基づいた術後の“機能解剖学”から見た運動療法〜
日時:2018年11月23日(金・祝) 10時〜16時(休憩12時〜13時)
場所:兵庫県民会館 会議室 902号室
(神戸市営地下鉄「県庁前駅」下車・東出口1から右へ50m
(JR神戸線「元町駅」下車・北へ徒歩約7分)
受講料:8000円

・初級コース:人工膝関節置換術後の理学療法(初級コース)〜エビデンスに基づいた人工膝関節置換術後患者の見方〜
日時:2018年9月27日(木) 19:30~21:00(19:15受付開始)
場所:大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA) 講義室504
アクセス:(新大阪駅より徒歩5分)
主催:TKA Lab
受講料:3000円

・上級コース:健常膝と人工膝関節のkinematicsからアプローチを考える
日時:11月上旬を予定
場所:未定
受講料:3000円

を予定しております。

合わせて読んでおきたい記事:  TKA Lab 1dayセミナー 〜TKAの手術とエビデンスに基づいた術後の“機能解剖学”から見た運動療法〜
スポンサーリンク

関連記事

LINE@登録はこちら

友だち追加

TKA Lab e-ラーニング

TKAに関わる理学療法士から好評いただいているTKA Lab e-ラーニングはこちら。↓クリック

広告

ページ上部へ戻る